ことわざ/一寸の光陰軽んずべからず(いっすんのこういんかろんずべからず)とは?

「一寸の光陰軽んずべからず」意味と読み方

【表記】一寸の光陰軽んずべからず
【読み】いっすんのこういんかろんずべからず
【ローマ字】ISSUNNNOKOUINNKARONNZUBEKARAZU

【意味】
月日がたつのは早いのだから、わずかな時間でも無駄に過ごしてはいけないという意味。

説明

「光陰」は月日、時間の意。「光陰」は、月日・年月のこと。人生は短いのだから、わずかの時間でも無駄にしてはならないといういましめ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「一寸」とは、わずかなという意味。「光」は昼、「陰」は夜のことで、「光陰」は時間や年月の意味。

【出典元】朱熹・詩「偶成」
【語源・由来】「少年老い易く学成り難し(わかい時期は短いのに学問は完成しがたい)、一寸の光陰軽んずべからず」朱熹・詩「偶成」より。

「一寸の光陰軽んずべからず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

歳月人を待たず/少年老い易く学成り難し/時は金なり/一刻千金/光陰矢のごとし/光陰人を待たず/光陰に関守なし

【対義語】

【注意】
単に、急ぐという意味で使うのは誤り。誤用例 「一寸の光陰軽んずべからずだから、一分でも早く目的地に向かおう」

「一寸の光陰軽んずべからず」の例文

【日本語】「一寸の光陰軽んずべからずだ、青春時代の貴重な時間を遊んでばかりいたらもったいないぞ」
【英語】
Art is long,life is short./Nothing is more precious than time./If you lose your time you cannot get money.

タイトルとURLをコピーしました