ことわざ/噛む馬はしまいまで噛む(かむうまはしまいまでかむ)とは?

スポンサーリンク

「噛む馬はしまいまで噛む」意味と読み方

【表記】噛む馬はしまいまで噛む
【読み】かむうまはしまいまでかむ
【ローマ字】KAMUUMAHASHIMAIMADEKAMU

【意味】
悪い癖は簡単には直らないことのたとえ。人を噛む癖のある馬は、死ぬまで噛むということから。
スポンサーリンク

説明

悪い性質や癖は容易に変えられず、死ぬまでなおることはないという事。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】人を噛む癖のある馬は、死ぬまで噛むことから。

【出典元】-
【語源・由来】人を噛む癖のある馬は、死ぬまで癖が直らず噛みつく事から。

「噛む馬はしまいまで噛む」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

産屋の癖は八十までなおらぬ/頭禿げても浮気はやまぬ/雀百まで踊り忘れず/痩せは治るが人癖は治らぬ/子供は大人の父親/病は治るが癖は治らぬ /漆剥げても生地は剥げぬ/三つ子の魂百まで/産屋の風邪は一生つく

【対義語】

【注意】
良い習慣については使わない。誤用例 「雀百まで踊り忘れずというが、父は還暦を過ぎても柔道が強い」 「噛む馬はしまいまで噛むで、彼は昔からずっと早起きだ。」
スポンサーリンク

「噛む馬はしまいまで噛む」の例文

【日本語】「噛む馬はしまいまで噛むというが、すぐに投げ出す癖をなんとかなおしていきたい」
【英語】
The leopard cannot change his spots.

タイトルとURLをコピーしました