ことわざ/勧善懲悪(かんぜんちょうあく)とは?

スポンサーリンク

「勧善懲悪」意味と読み方

【表記】勧善懲悪
【読み】かんぜんちょうあく
【ローマ字】KANNZENNCHOUAKU

【意味】
善行を勧め励まし、悪事を懲らしめること。
スポンサーリンク

説明

芝居などで、最終的に善人が栄え、悪は滅びるという筋書きに使われることも多い。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】芝居などで、最終的に善人が栄え、悪は滅びるという筋書きに使われることも多い。略して「勧懲」ともいう。

【出典元】「春秋左氏伝」
【語源・由来】ー

「勧善懲悪」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

勧懲(かんちょう)/善を勧め悪を懲らす(ぜんをすすめあくをこらす)

【類義語】

【対義語】

【注意】
「勧善徴悪」や「完全懲悪」と書くのは誤り。
スポンサーリンク

「勧善懲悪」の例文

【日本語】-
【英語】

タイトルとURLをコピーしました