ことわざ/堪忍袋の緒が切れる(かんにんぶくろのおがきれる)とは?

「堪忍袋の緒が切れる」意味と読み方

【表記】堪忍袋の緒が切れる
【読み】かんにんぶくろのおがきれる
【ローマ字】KANNNINNBUKURONOOGAKIRERU

【意味】
我慢の限度を越えて、ついに怒りが爆発すること。

説明

もうこれ以上我慢できなくなり、怒りを爆発させることのたとえ。我慢のできる範囲までは、我慢したという意味。怒りの原因がある程度続いてきた状態のときに使う。「堪忍袋」とは、我慢する心の広さをたとえた袋のこと。怒れるようなことが積み重なることで、徐々にふくらんでいく。その堪忍袋がふくらみすぎて「緒(しばっている紐)」が切れることから、じっとこらえていた怒りが爆発する様をいう。

詳細

注釈、由来

【注釈】「堪忍袋」とは、心の広さの度量を入れる袋にたとえたもの。その堪忍袋がふくらんで緒(しばった紐)が切れることから、じっとこらえていた怒りが爆発することをいう。

【出典元】-
【語源・由来】「堪忍袋(かんにんぶくろ)」とは、我慢のできる心の広さを袋にたとえたもの。

「堪忍袋の緒が切れる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

堪忍袋の緒を切らす(かんにんぶくろのおをきらす)

【類義語】

こらえ袋の緒を切る/堪忍袋が破れる/堪忍袋の底ぬける/仏の顔も三度まで/仏の顔も日に三度/兎も七日なぶれば噛みつく/堪忍蔵の戸が開く/堪忍庫の戸が開く/地蔵の顔も三度/無理は三度

【対義語】

【注意】

「堪忍袋の緒が切れる」の例文

【日本語】「今度という今度は、もう堪忍袋の緒が切れた。一体何度同じ過ちをくり返して、嘘ばかりつくのだ」
【英語】
Patience provoked turns to fury.

タイトルとURLをコピーしました