ことわざ/彼を知り己を知れば百戦殆うからず(かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず)とは?

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」意味と読み方

【表記】彼を知り己を知れば百戦殆うからず
【読み】かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず
【ローマ字】KAREWOSHIRIONOREWOSHIREBAHYAKUSENNAYAUKARAZU

【意味】
敵と味方の情勢や能力をよく知れば、何度戦っても決して敗れることはない。

説明

敵の情勢や、味方の実力などをしっかり把握することで、たとえ百回戦っても負けることはないという意味。相手と自分の長所と短所を、はっきりと見極めることで、どんな場合にも失敗しないということ。「孫子」謀攻にある、兵法のひとつ。この句の続きで、「彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し。(己の実力だけでも知っていれば、引き分け程度でおさまるかもしれないが、どちらも全く知らないとなると、毎度の戦は大変危ういだろう。)」

詳細

注釈、由来

【注釈】「殆うからず」は、危険になることはないという意味。 「殆うからず」が原点だが、「危うからず」と書いても誤りではない。

【出典元】『孫子・謀攻』
【語源・由来】『孫子・謀攻』に「彼を知り己を知れば百戦殆からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し(敵と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負けることはない。敵情を知らないで味方のことだけを知っているのでは、勝ったり負けたりして勝負がつかず、敵のことも味方のことも知らなければ必ず負ける)」とある。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

敵を知り己を知れば百戦殆うからず(てきをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず)

【類義語】

【対義語】

【注意】

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」の例文

【日本語】「彼を知り己を知れば百戦殆からずというから、過去の対戦ビデオを何度も見て試合に備えよう」
【英語】
Know yourself as well as your enemy.

タイトルとURLをコピーしました