ことわざ/可愛さ余って憎さ百倍(かわいさあまってにくさひゃくばい)とは?

「可愛さ余って憎さ百倍」意味と読み方

【表記】可愛さ余って憎さ百倍
【読み】かわいさあまってにくさひゃくばい
【ローマ字】KAWAISAAMATTENIKUSAHYAKUBAI

【意味】
ひとたび憎いと思うようになったら、その憎しみは非常に強くなるという意味。

説明

日頃から可愛がっていた者に裏切られたりして、ひとたび憎いと思うようになると、その憎しみは可愛さの何倍も強くなるという意味。愛と憎しみは表裏一体であるという意味。

詳細

注釈、由来

【注釈】「愛」と「憎しみ」を、表裏一体のものとしていう。

【出典元】-
【語源・由来】「愛」と「憎しみ」を、表裏一体のものとしていう。

「可愛さ余って憎さ百倍」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

可愛さ余って憎さが十倍(かわいさあまってにくさがじゅうばい)

【類義語】

好いたほど厭いた/可愛可愛は憎いの裏/愛憎は紙一重

【対義語】

憎い憎いは可愛いの裏/憎い憎いは可愛の裏

【注意】
可愛さよりも憎さが百倍強いという意味で使うのは誤り。誤用例 「確かに彼女は美人だし、愛くるしい顔をしている。だが、性格を知ると可愛さ余って憎さ百倍だということがわかる」

「可愛さ余って憎さ百倍」の例文

【日本語】「あれだけ目を細めて彼とののろけ話を披露していたのに、いったん裏切られたと思ったら鬼のような形相で彼をののしり始めたよ。可愛さ余って憎さ百倍というのは本当だね」
【英語】
Since it was too lovely, it became rather hateful./The greatest hate proceeds from the greatest love.

タイトルとURLをコピーしました