ことわざ/瓜田李下(かでんりか)とは?

スポンサーリンク

「瓜田李下」意味と読み方

【表記】瓜田李下
【読み】かでんりか
【ローマ字】KADENNRIKA

【意味】
勘違いされるような行動はするなという戒め。
スポンサーリンク

説明

うり畑で、かがんで履き物を直すようなことをすれば、うりを盗んでいると疑われるし、すももの木の下で冠をかぶり直せば、すももを盗んでいると疑われることから。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「瓜田」とは瓜の畑、「李下」とはすももの木の下のこと。

【出典元】「古楽府」君子行
【語源・由来】『古楽府』に「君子は未然に防ぎ、嫌疑の間に処らず、瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」とある。

「瓜田李下」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

李下の冠瓜田の履 /瓜田に履を納れず/李下に冠を正さず

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「瓜田李下」の例文

【日本語】-
【英語】
He that will do no ill, must do nothing that belongs thereto.(悪事をすまいと思う者は、悪事と思われることをしてはならない)

タイトルとURLをコピーしました