ことわざ/蹴る馬も乗り手次第(けるうまものりてしだい)とは?

「蹴る馬も乗り手次第」意味と読み方

【表記】蹴る馬も乗り手次第
【読み】けるうまものりてしだい
【ローマ字】KERUUMAMONORITESHIDAI

【意味】
乱暴で手のつけられないような者でも、対処する方法があるという意味。

説明

人を蹴る癖のある暴れ馬でも、乗る人がうまく調教すればおとなしくなることから、乱暴で扱いにくい人でも、やり方次第では扱えるというたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「蹴る馬」は、暴れ馬のこと。

【出典元】-
【語源・由来】騎手の技術さえあれば、暴れ馬でも乗れることから。

「蹴る馬も乗り手次第」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

人食い馬にも合い口/かぶり馬にも合い口/癖ある馬に乗りあり/人食らい馬にも合い口

【対義語】

【注意】

「蹴る馬も乗り手次第」の例文

【日本語】「蹴る馬も乗り手次第で、うまく教育していくことが大事だ」
【英語】
It is dependent on how to teach also by a rowdy.

タイトルとURLをコピーしました