ことわざ/犬猿の仲(けんえんのなか)とは?

スポンサーリンク

「犬猿の仲」意味と読み方

【表記】犬猿の仲
【読み】けんえんのなか
【ローマ字】KENNENNNONAKA

【意味】
何かにつけていがみ合うような、仲が悪い間柄のたとえ。
スポンサーリンク

説明

犬と猿は、仲の悪いものの代名詞とされていることから。仲の悪い関係のたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】犬と猿は、仲の悪いものの代名詞とされていることから。

【出典元】-
【語源・由来】-

「犬猿の仲」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

犬猿(けんえん)

【類義語】

犬と猫/犬猿もただならず/犬と猿/犬と猫/犬猿もただならず

【対義語】

魚と水/心腹の友/刎頚の交わり

【注意】
スポンサーリンク

「犬猿の仲」の例文

【日本語】「一時期は毎日のように一緒にいたあの二人も、今ではすっかり犬猿の仲らしい」
【英語】
They agree like cats and dogs.

タイトルとURLをコピーしました