ことわざ/騎虎の勢い(きこのいきおい)とは?

スポンサーリンク

「騎虎の勢い」意味と読み方

【表記】騎虎の勢い
【読み】きこのいきおい
【ローマ字】KIKONOIKIOI

【意味】
一度やりだしたことは、途中でやめることができなくなること。
スポンサーリンク

説明

「騎虎」はトラに乗ることで、トラに乗って走り出すと、途中で降りたらトラに食い殺されてしまうので、仕方なく最後まで走り続けなければならないことから。勢いやはずみがついて途中でやめられなくなることのたとえ。「随書」独孤皇后北周の宣帝が没したときに、隋の高祖に対して皇后が、「大事已に然り。騎獣(騎虎のこと)の勢い、必ず下ることを得ず。之を勉めよ。(いよいよ大事の時です。虎に乗って勢いよく走り出したら、もう下りることはできません。頑張ってくださいね。)」と、進言したという故事に基づく。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「騎虎」とはトラの背中に乗ること。

【出典元】「隋書」
【語源・由来】『隋書・独孤皇后伝』に「大事すでに然り。騎獣の勢い、必ず下ることを得ず(大事の時だ。虎に乗って勢いよく走り出したら、もう下りることはできない、努力して下さい)」とあるのに基づく。

「騎虎の勢い」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

乗り掛かった馬/乗りかかった船/虎に騎る者は勢下るを得ず/渡りかけた橋

【対義語】

【注意】
勢いにのるという意味で使うのは誤り。誤用例 「当時の彼らにかなう者はおらず、まさに騎虎の勢いだった」
スポンサーリンク

「騎虎の勢い」の例文

【日本語】「始まってしまった以上、騎虎の勢いだ。最後まで全力を尽くそう」
【英語】
A person that is out at sea must either sail or sink./He that is out at sea, must either sail or sink.

タイトルとURLをコピーしました