ことわざ/木で鼻をくくる(きではなをくくる)とは?

スポンサーリンク

「木で鼻をくくる」意味と読み方

【表記】木で鼻をくくる
【読み】きではなをくくる
【ローマ字】KIDEHANAWOKUKURU

【意味】
無愛想に応対するたとえ。冷淡にあしらうたとえ。
スポンサーリンク

説明

無愛想な応対をするたとえ。本来は「木で鼻をこくる」といい、「こくる」とは「こする」の意味で、木で鼻をかんでは、紙のようにしなえようがないことから。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「くくる」は、こするという意の「こくる」が変化した語。

【出典元】-
【語源・由来】-

「木で鼻をくくる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

木で鼻をこくる(きではなをこくる)/木で鼻をかむ(きではなをかむ)/木で鼻(きではな)

【類義語】

立木へ鼻こする/杵で鼻をこする/拍子木で鼻かむ /木っ端で鼻かむ

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「木で鼻をくくる」の例文

【日本語】「同じことを言うにしても、木で鼻をくくるような言い方は改めたほうがよい」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました