ことわざ/行雲流水(こううんりゅうすい)とは?

スポンサーリンク

「行雲流水」意味と読み方

【表記】行雲流水
【読み】こううんりゅうすい
【ローマ字】KOUUNNRYUUSUI

【意味】
自然の成り行きにまかせて行動すること。
スポンサーリンク

説明

空を漂い行く雲も、とどまることなく流れる水も、自然の流れに逆らうことがないことから。空行く雲や流れる水の行方が定めないという意味から、諸国を行脚する僧(特に禅宗の僧)をさしていう。または、単に気ままな旅のことをさす場合もある。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】空を漂い行く雲も、とどまることなく流れる水も、自然の流れに逆らうことがないことから。

【出典元】『宋史・蘇軾伝』
【語源・由来】「文を作るは行雲流水の如く、初めより定質無し。但常に当に行くべき所に行き、止まらざるべからざる所に止まる(文章を作るときは空を行く雲や流れる水のように、初めから決まった形があるのではない。行くべき所に行き、止まる所で止まるのだ)」『宋史・蘇軾伝』より。

「行雲流水」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

流水行雲(りゅうすいこううん)

【類義語】

雲水不住/雲遊萍寄/雲水行脚/一所不住

【対義語】

定雲止水

【注意】
スポンサーリンク

「行雲流水」の例文

【日本語】「若い頃は尖ったナイフのように、社会や環境に反発ばかりしてきた。人生の後半は、行雲流水のごとく穏やかに生きたい」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました