ことわざ/上り一日下り一時(のぼりいちにちくだりいっとき)とは?

スポンサーリンク

「上り一日下り一時」意味と読み方

【表記】上り一日下り一時
【読み】のぼりいちにちくだりいっとき
【ローマ字】NOBORIICHINICHIKUDARIITTOKI

【意味】
物事を作り上げるには多くの時間と労力が必要だが、壊すのは簡単だという意味。
スポンサーリンク

説明

同じ坂でも、上るのには一日かかるが、下るときは僅かな時間しかかからないという意味から。物事を作り上げるのには多くの時間と労力を要するが、壊すのはたやすいというたとえ。上るのは一日かかる道も下る時はわずかな時間しかかからないという意味。同じ坂でも、上るのには一日かかるが、下るときにはわずかな時間しかかからないという意味から。一日かけてようやく上り着くようなところも、下りはあっという間であるという意味。物事を作り上げるためには長い時間と労力が必要であるが、それを壊すのはあっけないほど簡単なことであるというたとえ。上りには一日かかるところも、下りにはわずかな時間しかかからないという意。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】同じ坂でも、上るのには一日かかるが、下るときは僅かな時間しかかからないという意味から。

【出典元】-
【語源・由来】同じ坂でも、上るのには一日かかるが、下るときにはわずかな時間しかかからないという意味から。

「上り一日下り一時」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

登り一日降り一時

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「上り一日下り一時」の例文

【日本語】「上り一日下り一時で、ようやくヒット曲が生まれたのに、暴力団との交際が明るみになり、一夜にして芸能界から追放された」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました