ことわざ/お前百までわしゃ九十九まで(おまえひゃくまでわしゃくじゅうくまで)とは?

「お前百までわしゃ九十九まで」意味と読み方

【表記】お前百までわしゃ九十九まで
【読み】おまえひゃくまでわしゃくじゅうくまで
【ローマ字】OMAEHYAKUMADEWASHAKUJUUKUMADE

【意味】
夫婦が共に元気で長生きするように願うことば。

説明

夫婦がともに元気で仲睦まじく長生きしたいと願う言葉。「お前」は夫、「わしゃ」は妻のことで、この後に「共に白髪の生えるまで」と続く。「お前」は夫を、「わし」は妻をさす。「共に白髪の生えるまで」と続く。「お前」とは夫のこと、「わしゃ」とは妻のこと。このあとに、「共に白髪の生えるまで」と続く。夫婦が仲良く、ともに長生きするように願う言葉。ほかに、二つの解釈があると考えられている。ひとつは、相手に先立たれてさみしい思いをしたくないから、自分よりも先に死なないで欲しいと願いを込めたということ。もうひとつは、昔は年上の女房を嫁にもらうことがよいとされていたので、夫婦が一緒に最期を迎えることができるということ。「お前百までわしゃ九十九まで、ともに白髪の生えるまで」と続けてもいう。

詳細

注釈、由来

【注釈】「お前」は夫、「わし」は妻のことをさす。「お前」は本来敬語で、妻が夫を呼ぶときに使われた。「わしゃ」は「わし」のことで、「わたくし」という意味。

【出典元】-
【語源・由来】「お前」とは夫のこと、「わしゃ」とは妻のこと。このあとに、「共に白髪の生えるまで」と続く。

「お前百までわしゃ九十九まで」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

鴛鴦の契り/比翼の鳥/比翼連理/天にあらば比翼の鳥、地にあらば連理の枝/形影相伴う/連理の枝/天に在らば比翼の鳥、地に在らば連理の枝/偕老同穴/琴瑟相和す/水魚の交わり

【対義語】

【注意】

「お前百までわしゃ九十九まで」の例文

【日本語】「あの老夫婦を見ていると、お前百までわしゃ九十九までということばがぴったりだ」
【英語】
Both husband and wife will live long.

タイトルとURLをコピーしました