ことわざ/鬼の目にも涙(おにのめにもなみだ)とは?

「鬼の目にも涙」意味と読み方

【表記】鬼の目にも涙
【読み】おにのめにもなみだ
【ローマ字】ONINOMENIMONAMIDA

【意味】
冷酷無情な者でも、時には慈悲心を起こし、涙を流すことがあるという意味。

説明

鬼のように無慈悲な者でも、時には情け深い心を起こし、目に涙をうかべることがあるというたとえ。古くは、悪代官が年貢の取り立てに情をかけたり、高利貸しが憐れみの心で証文を破ったりしたときに使われた言葉。日本の「鬼」は、地獄を守る兵隊(獄卒)としてのイメージがあり、力任せに暴れる悪魔を指す。古来中国では、「鬼(拼音: guǐ)」は「魂」の「云」の編をとったもので、「喋らないたましい」、つまり「霊魂」のことを言った。ことわざは日本の江戸時代のころのもの

詳細

注釈、由来

【注釈】「鬼の目」は、厳しい人の視線のこと。「涙」は、情けのこと。

【出典元】-
【語源・由来】無慈悲な悪代官や高利貸しでも、時には相手に情けをかけたり憐れんだりしたことから。

「鬼の目にも涙」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

鰐の目にも涙/鬼の血目玉にも涙/鬼も頼めば人食わず/鰐の目に涙

【対義語】

【注意】

「鬼の目にも涙」の例文

【日本語】「さすがの彼も父親の葬式では涙を流していたよ。鬼の目にも涙だな」
【英語】
Tears from the hardest heart./Even the hardest of hearts can be moved to tears./Even the hardest heart will sometimes feel pity.

タイトルとURLをコピーしました