ことわざ/鬼も十八番茶も出花(おにもじゅうはちばんちゃもでばな)とは?

スポンサーリンク

「鬼も十八番茶も出花」意味と読み方

【表記】鬼も十八番茶も出花
【読み】おにもじゅうはちばんちゃもでばな
【ローマ字】ONIMOJUUHACHIBANNCHAMODEBANA

【意味】
器量が悪くても年頃になれば、女らしい魅力が出てくるという意味。
スポンサーリンク

説明

醜い鬼の娘であっても、十八と言う年頃になれば、色気が出て魅力的に見えるものだし、粗末な番茶であっても、一番茶は香りがよく美味しいという意味。器量が悪くても、年ごろになれば誰でも娘らしい魅力が出てくるということ。鬼の娘でも十八という年ごろになれば娘らしくなるし、安い番茶も入れたては香りがよくおいしいという意味。醜い鬼の娘でも、十八歳ごろには美しくなり、質の良くない番茶でもお湯を入れたばかりのときならけっこう美味しいという意味。どんなものにも、その魅力がいちばん発揮される時期があるということ。女性は誰でも年ごろになると、色気や魅力が出てくるというたとえ。醜いとされる鬼でも年頃になれば美しく見え、番茶でもいれたばかりはよい香りがする。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「番茶」は、番茶・煎茶に湯を注いだばかりの香味のよいもの。「出花」は、番茶や煎茶に湯をそそいだばかりのもの。昔は男女両方に言ったが、今は女性だけに使われる。

【出典元】-
【語源・由来】『上方いろはかるた』の「お」

「鬼も十八番茶も出花」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

番茶も出花(ばんちゃもでばな)/鬼も十八(おにもじゅうはち)

【類義語】

南瓜女も一盛り/薊の花も一盛り/鬼も十八茨も花/鬼も十七山茶も煮端/鬼も十七茨も花/娘十八番茶も出花/蕎麦の花も一盛り/鬼も十七番茶も煮ばな/鬼も十八/鬼も十八蛇も二十/鬼も十八柴茶も出花

【対義語】

【注意】
醜い鬼や粗末な番茶に例えているのだから、他人の娘に対して使うのは失礼である。誤用例 「鬼も十八番茶も出花といいますが、娘さんもすっかりお綺麗になりましたね」
スポンサーリンク

「鬼も十八番茶も出花」の例文

【日本語】「鬼も十八番茶も出花で、うちの娘も年頃になり、なかなかのものだと親馬鹿ながら思います」
【英語】
Everything is good in its season./Everything has its time.

タイトルとURLをコピーしました