ことわざ/累卵の危うき(るいらんのあやうき)とは?

「累卵の危うき」意味と読み方

【表記】累卵の危うき
【読み】るいらんのあやうき
【ローマ字】RUIRANNNOAYAUKI

【意味】
非常に不安定で危険なようす。とても不安定で、危険なことのたとえ。

説明

「累卵」とは、積み重ねた卵のことで、いつ崩れて壊れてしまうかわからないほど不安定であるというたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「累卵」とは、積み重ねた卵のこと。

【出典元】「史記」范雎伝「秦王之国、危如累卵(意味:秦王の国は、積み重ねた卵のように. 崩れやすく危ない。)」前漢の枚乗が、呉王をいさめるために書いたもの。
【語源・由来】『史記・范雎伝』に、「秦王之国、危如累卵(秦王の国は、積み重ねた卵のように崩れやすく危うい状態だ)」とある。

「累卵の危うき」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

危うきこと累卵の如し/深淵に臨んで薄氷を履むが如し/危機一髪/一触即発/虎の尾を踏む/累卵より危うし/一髪千鈞を引く/竜の鬚を撫で虎の尾を踏む/竜の頷の珠を取る/氷に座す/薄氷を履むが如し/刀光剣影/危うきこと虎の尾を踏むが如し/虎の口へ手を入れる/蜘蛛の巣で石を吊る/重卵より危うし/氷を歩む

【対義語】

【注意】

「累卵の危うき」の例文

【日本語】「激しい言い争いの後、お互いに睨み合い、手が震えている。今にも手が出そうな累卵の危うき場面だ」
【英語】
It is in a very unstable state./To rest on an inverted pyramid.

タイトルとURLをコピーしました