ことわざ/凌雲の志(りょううんのこころざし)とは?

スポンサーリンク

「凌雲の志」意味と読み方

【表記】凌雲の志
【読み】りょううんのこころざし
【ローマ字】RYOUUNNNOKOKOROZASHI

【意味】
周囲の人たちよりも意識高い志のこと。もしくは、出世しようとする志。
スポンサーリンク

説明

「凌雲」とは、雲を凌ぐほど高くぬきんでること。「陵雲の志」ともいう。「漢書」揚雄より。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「凌雲」とは、雲をしのぐほど高くぬきんでること。「陵雲の志」とも書く。

【出典元】「漢書」
【語源・由来】「凌雲(りょううん)」とは、雲を凌ぐほど高いこと。「陵雲」とも書く。漢書(かんじょ)」揚雄(ようゆう)より出典。

「凌雲の志」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

青雲の志/鴻鵠の志/風雲の志

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「凌雲の志」の例文

【日本語】「青雲の志をいつまでも抱き続ける人生でありたい」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました