ことわざ/竜虎相搏つ(りゅうこあいうつ)とは?

「竜虎相搏つ」意味と読み方

【表記】竜虎相搏つ
【読み】りゅうこあいうつ
【ローマ字】RYUUKOAIUTSU

【意味】
優劣のつけにくい二人の強豪が勝負するという意味。

説明

竜と虎は、強い動物の双璧としてのたとえで、同じくらいの力量で優劣がつけ難いことから。 強豪同士が勝負を競うこと。「竜」と「虎」は、しばしば強い動物の双璧として用いられる。優劣をつけがたい者同士が、争うこと。

詳細

注釈、由来

【注釈】「竜」と「虎」は、強い動物の双璧としてのたとえ。 「竜虎(りゅうこ)」は、「りょうこ」とも読む。「搏」は、「たたく」や「うつ」という意味で、「搏戦(はくせん)」、「搏闘 (はくとう) 」などの使い方がある。「博」や「摶」ではない。

【出典元】-
【語源・由来】優劣をつけがたい者同士が、争うこと。

「竜虎相搏つ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

竜虎の争い

【対義語】

【注意】

「竜虎相搏つ」の例文

【日本語】「決勝戦は竜虎相搏つ試合だった」
【英語】
Diamonds cut diamonds.

タイトルとURLをコピーしました