ことわざ/柳絮の才(りゅうじょのさい)とは?

「柳絮の才」意味と読み方

【表記】柳絮の才
【読み】りゅうじょのさい
【ローマ字】RYUUJONOSAI

【意味】
文才のある女性をほめる言葉。

説明

晋の時代、謝安が急に降り始めた春の雪を見て、この雪は何に似ているかと聞いたところ、甥は「空中に塩を蒔いたようだ」と言い、姪は「春の柳絮が空を舞う」と答えた。謝安は姪のことばに感心し、「柳絮の才高し」と言った。(柳絮とは、柳の種の綿毛のことで、晩春に綿のように乱れ飛ぶ)

詳細

注釈、由来

【注釈】「柳絮」とは、白い綿毛のついた柳の種子。また、それが雪のように舞うこと。

【出典元】「晋書」
【語源・由来】世説新語より出典。 中国晋(しん)の時代に、にわかに降り出した雪を「空から塩をまいた」など風流なたとえをしたが、王凝之(おうぎょうし)の妻の謝道?(しゃどううん)が、「春の柳絮が空を舞う」(柳絮とは、柳の種の綿毛のことで、晩春に綿のように乱れ飛ぶ)とたとえたことで、その文才をたたえられたことから由来。

「柳絮の才」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

詠雪の才/詠絮の才/才媛/閨秀

【対義語】

【注意】

「柳絮の才」の例文

【日本語】「彼女は本当に柳絮の才が高い」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました