ことわざ/鷺を烏と言いくるめる(さぎをからすといいくるめる)とは?

「鷺を烏と言いくるめる」意味と読み方

【表記】鷺を烏と言いくるめる
【読み】さぎをからすといいくるめる
【ローマ字】SAGIWOKARASUTOIIKURUMERU

【意味】
白い鷺を指して、黒い烏であると言い張る。白を黒というように、ものの道理を正反対に言い曲げること。

説明

白い鷺(さぎ)であることは一目瞭然なのに、黒い烏だと言い張る意味。明らかに間違っているのに、強引に主張して押し通そうとするたとえ。真っ白な鷺を烏だと言い張るという意。無理に事実をねじ曲げて正しいことを間違いだと言ったり、間違っていることを正しいと言ったりすること。

詳細

注釈、由来

【注釈】「言いくるめる」は、口先で相手を丸め込む意。

【出典元】-
【語源・由来】「言いくるめる」は、口先で相手を丸め込む意。白い鷺であることは誰から見ても明白なのに、あれは黒い烏だと言い張ることから。

「鷺を烏と言いくるめる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

鷺を烏(さぎをからす)/烏を鷺(からすをさぎ)/鷺を烏と言いくろむ(さぎをからすといいくろむ)/鷺を烏と言う(さぎをからすという)

【類義語】

馬を牛と言う/烏を鷺/白を黒という/雪を墨/這っても黒豆/柄の無い所に柄をすげる/鹿を指して馬と為す

【対義語】

【注意】

「鷺を烏と言いくるめる」の例文

【日本語】「鷺を烏と言いくるめるようなことばかりしていると、誰からも相手にしてもらえなくなるよ」
【英語】
To make black white./to talk black into white.

タイトルとURLをコピーしました