ことわざ/初心忘るべからず(しょしんわするべからず)とは?

スポンサーリンク

「初心忘るべからず」意味と読み方

【表記】初心忘るべからず
【読み】しょしんわするべからず
【ローマ字】SHOSHINNWASURUBEKARAZU

【意味】
何事も、最初の志を忘れてはならないという意味。
スポンサーリンク

説明

学び始めた頃の謙虚な気持ちを忘れてはならないという戒めで、世阿弥が能楽の修行について言った言葉。ものごとを始めた時の謙虚で真剣な気持ちを忘れてはならないということ。世阿弥(ぜあみ)の、「花鏡(かきょう)」に「当流に万能一徳(まんのういっとく)の一句あり。初心不可忘(しょしんわするべからず)」とあることが由来。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】学び始めた頃の謙虚な気持ちを忘れてはならないという意味。

【出典元】世阿弥 『花鏡』
【語源・由来】『花鑑』に「当流に万能一徳の一句あり。初心不可忘(しょしんわするるべからず)」とある。

「初心忘るべからず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

始めが大事/初心改めず

【対義語】

【注意】
「忘る」は「忘れる」の文語形。この句は文語体なので「初心忘れるべからず」というのは本来は誤りである。
スポンサーリンク

「初心忘るべからず」の例文

【日本語】「自分の得意なことを生業にして成功したけれども、初心忘るべからずの精神でこれから先も精進していきたい」
【英語】
Don’t forget your first resolution./Don’t lose sight of your original goal.

タイトルとURLをコピーしました