ことわざ/掌中の珠(しょうちゅうのたま)とは?

「掌中の珠」意味と読み方

【表記】掌中の珠
【読み】しょうちゅうのたま
【ローマ字】SHOUCHUUNOTAMA

【意味】
もっとも大切にしているもの。特に最愛の子ども。「珠」は尊いものの意で、いつも自分の手の中にある大切なものということから。

説明

「珠」(タマ or シュ)とは、「玉」よりも大切な宝物になるものを指す。「真珠」「数珠」「宝珠」など、「珠」は価値の高い宝石を意味するため、本来手の中に物は存在しなくても、いつまでも大切にしたい小さなもの、つまり自分の子供や伴侶などを例える時に使われる。傳玄の詩『短歌行』に「昔、君、我を視ること掌中の珠の如し、何の意か一朝にして我を溝渠に棄つるや(昔あなたは私を大切な子供のように見てくれたのに、今となって珠を溝に捨てるようにどうして見放すのか)」とあるのに基づく。

詳細

注釈、由来

【注釈】「珠」はきわめて大切に思う貴重なものの意で、一般的に真珠を指す。

【出典元】傳玄・詩「短歌行」
【語源・由来】傳玄の詩『短歌行』の「昔、君、我を視ること掌中の珠の如し、何の意か一朝にして我を溝渠に棄つるや」に基づく。

「掌中の珠」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

掌上明珠/手中の珠

【対義語】

【注意】

「掌中の珠」の例文

【日本語】「掌中の珠のように娘を育てる」
【英語】
the prize within one’s grasp.

タイトルとURLをコピーしました