ことわざ/正直の頭に神宿る(しょうじきのこうべにかみやどる)とは?

「正直の頭に神宿る」意味と読み方

【表記】正直の頭に神宿る
【読み】しょうじきのこうべにかみやどる
【ローマ字】SHOUJIKINOKOUBENIKAMIYADORU

【意味】
正直な人には、必ず神の加護がある。

説明

神様は誠実な心をもって正直に生きる者を見守る存在であり、必ずそのご加護があるという意味で、正直な人には必ず神の助けがあるということ。何事においても正直に振る舞う者には救われるという意味で使われる。

詳細

注釈、由来

【注釈】神様は誠実な心をもって正直に生きる者を見守っており、必ずそのご加護があるという意味で、正直の大切さの教え。

【出典元】-
【語源・由来】神様は誠実な心をもって正直に生きる者を見守る存在なので、正直者にはご加護があるという意味。正直の大切さの教え。

「正直の頭に神宿る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

神は正直の頭に宿る(かみはしょうじきのこうべにやどる)

【類義語】

正直者に神宿る/正直は一生の宝/神は正直の頭に宿る/正直は最善の策

【対義語】

偽りの頭に宿る神あり/正直は阿呆の異名/正直者が損をする/正直者が馬鹿を見る/正直貧乏横着栄耀

【注意】

「正直の頭に神宿る」の例文

【日本語】「正直の頭に神宿るで、彼は欲のない人だが、成功することができた」
【英語】
Fortune waits on honest toil and earnest endeavour./God dwells in an honest heart./God defends the right./God is in an honest man’s heart./An honest man is the noblest work of God./Honesty is the best policy.

タイトルとURLをコピーしました