ことわざ/死中に活を求める(しちゅうにかつをもとめる)とは?

「死中に活を求める」意味と読み方

【表記】死中に活を求める
【読み】しちゅうにかつをもとめる
【ローマ字】SHICHUUNIKATSUWOMOTOMERU

【意味】
絶望的な難局を打開するためには、進んで危険を冒すこともあるという意味。

説明

助かる道のほとんどない状況から、なんとか生きる方法を見出そうとすること。

詳細

注釈、由来

【注釈】「死中」とは、死や破滅を待つ以外にない絶望的な状況を意味し、「活」は生きることを意味する。

【出典元】『後漢書・公孫述伝』
【語源・由来】『後漢書・公孫述伝』に「男児当に死中に生を求むべし。坐して窮すべけんや」とある。

「死中に活を求める」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

死中に活を求む(しちゅうにかつをもとむ)/死中に生を求める(しちゅうにせいをもとめる)

【類義語】

死中に生を求む/死中に生を求める/九死一生/十死一生/身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ/万死に一生を得る/九死に一生を得る

【対義語】

【注意】
「死中に活を入れる」というのは誤り。

「死中に活を求める」の例文

【日本語】「死中に活を求めて、その試合ではなんとしてでも勝つという心意気でのぞんだ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました