ことわざ/秋波を送る(しゅうはをおくる)とは?

「秋波を送る」意味と読み方

【表記】秋波を送る
【読み】しゅうはをおくる
【ローマ字】SHUUHAWOOKURU

【意味】
女性が異性の関心をひこうと、色目をつかうこと。

説明

「秋波」とは、元々は中国語で秋の季節の澄んだ波のことで、美人の涼しげな目元にたとえた。そこから、媚びた目つき、色目のことをいう。女性が相手の気を引こうとして色目を使うこと。この色目を使うことを「秋波を送る」と言うが、現在では性別、また個人・団体を問わず、媚を送る意味で用いられる。色目を使って相手の関心をひこうとする。

詳細

注釈、由来

【注釈】「秋波」は美人の涼やかな目もと。また、女性の媚びを含んだ目つきのこと。

【出典元】-
【語源・由来】「秋波」とは、中国語で秋の季節の澄んだ波のこと。それが、女性の涼しげな目元のたとえとなり、さらに、男性の気を引くためにする色っぽい目つきの意味となった。この色目を使うことを「秋波を送る」と言うが、現在では性別、また個人・団体を問わず、媚を送る意味で用いられる。

「秋波を送る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「秋波を送る」の例文

【日本語】「彼女はどこに行ってもたくさんの男性に秋波を送るから、うんざりする」
【英語】
He casts a sheep’s eye at her./the act of casting amorous glances.

タイトルとURLをコピーしました