ことわざ/春眠暁を覚えず(しゅんみんあかつきをおぼえず)とは?

「春眠暁を覚えず」意味と読み方

【表記】春眠暁を覚えず
【読み】しゅんみんあかつきをおぼえず
【ローマ字】SHUNNMINNAKATSUKIWOOBOEZU

【意味】
春の夜は、短い上に寝心地がいいので、朝がきたことに気づかず、ついつい寝過ごしてしまうという意味。

説明

春の夜は寝心地がいいので、夜が明けたのにも気付かず、なかなか目が覚めないということ。春の季節以外では使われない。「孟浩然」の「春暁」。「春眠暁を覚えず、処処啼鳥を聞く、夜来風雨の音、花落つること知る多少」に基づく。

詳細

注釈、由来

【注釈】「暁(あかつき)」とは、夜明けのこと。春の気候は穏やかで、夜が明けたことすら気づかないほど、つい寝過ごしてしまうという意味。

【出典元】孟浩然 『春暁』
【語源・由来】孟浩然の詩『春暁』に「春眠暁を覚えず、処処啼鳥を聞く、夜来風雨の音、花落つること知る多少(春の眠りは心地よくて夜明けも知らず、鳥のさえずりが聞こえる。昨晩は嵐の吹く音がしたが、おそらく花がたくさん散ったことだろう)」とあるのに基づく。

「春眠暁を覚えず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
春の季節以外には使わない。

「春眠暁を覚えず」の例文

【日本語】「春眠暁を覚えずで、何度起こしても息子が起きない」
【英語】
In spring one sleeps a sleep that knows no dawn.

タイトルとURLをコピーしました