ことわざ/住まば都(すまばみやこ)とは?

「住まば都」意味と読み方

【表記】住まば都
【読み】すまばみやこ
【ローマ字】SUMABAMIYAKO

【意味】
同じ住むのなら、不便な土地よりも都のほうがよいという意味。

説明

同じ住むのなら、不便な土地よりも、便利で住みやすい都会のほうが良いという意味。現在ではほとんど使われなくなった表現である。同じ住むのなら、不便な土地より都のほうが良いということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】同じ住むのなら、不便な土地よりも、便利で住みやすい都会のほうが良いという意味。 現在ではほとんど使われなくなった表現である。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「住まば都」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

住めば田舎も名所/住めば都で花が咲く/地獄も住みか/住めば都/住めば都の風が吹く

【注意】
「住めば都」と混同して、住み慣れれば都と同じように心地良いという意味で使うのは誤り。 誤用例 「住まば都で、田舎暮しも悪くないものだ」

「住まば都」の例文

【日本語】「住まば都だ。交通の便も悪いし、就職もしづらいから、田舎から出ようと思う」
【英語】
It will be a capital if it lives.

タイトルとURLをコピーしました