ことわざ/好きこそ物の上手なれ(すきこそもののじょうずなれ)とは?

「好きこそ物の上手なれ」意味と読み方

【表記】好きこそ物の上手なれ
【読み】すきこそもののじょうずなれ
【ローマ字】SUKIKOSOMONONOJOUZUNARE

【意味】
好きなことには自然とそれに熱中するから、上達が早いという意味。

説明

誰でも好きでやっていることは一生懸命になるし、それに関して勉強したり工夫したりするので、自然に上達するものである。無理して嫌だと思いながらやっても、成長はないということ。好きであることが、上達するためのよい条件になるというたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「上手なれ」の「なれ」は「なり」の未然形で、「こそ」に応じた係り結び。

【出典元】-
【語源・由来】好きなであることが、上達には欠かせないということが由来。

「好きこそ物の上手なれ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

好きこそ上手(すきこそじょうず)/好きこそ物の上手(すきこそもののじょうず)

【類義語】

好きこそ上手/好きは上手のもと/好きは上手の元/道は好む所によって安し/好きは上手の基

【対義語】

下手の悪好き/下手の馬鹿好き/下手の横好き

【注意】
「好きこそ物の上手になれ」というのは誤り。

「好きこそ物の上手なれ」の例文

【日本語】「好きこそ物の上手なれとは言うが、彼はわずか半年であれほどまでに極めたのだから、たいしたものだね」
【英語】
All things are easy that are done willingly./Who likes not his business, his business likes not him./Who likes not his business,his business likes not him.

タイトルとURLをコピーしました