ことわざ/雀百まで踊り忘れず(すずめひゃくまでおどりわすれず)とは?

「雀百まで踊り忘れず」意味と読み方

【表記】雀百まで踊り忘れず
【読み】すずめひゃくまでおどりわすれず
【ローマ字】SUZUMEHYAKUMADEODORIWASUREZU

【意味】
幼い時に身についた習慣は、年をとってからも直らない。

説明

雀は死ぬまで、踊るように飛び跳ねるて歩くという意から、若い頃に身についた癖や習慣がいくつになっても抜けないたとえに使う。日本舞踊の跳躍運動を雀にたとえたことわざで、子供の頃に身に着けた芸は一生忘れないという意味ではあるが、多くは良くない習慣が抜けないことをいう。

詳細

注釈、由来

【注釈】「雀百まで」では、「踊り」とは雀のとびはねる動作を指している。「雀百まで」とは、雀は死ぬまでのこと。「踊り忘れず」は、スズメが地面で、両足で跳ねるように歩くことが、踊りに見えることから。

【出典元】『上方いろはかるた』
【語源・由来】日本の伝統芸能の「踊り」とは、跳躍運動を繰り返すことであり、雀が飛び跳ねる動作が「踊り」に似ていることから。

「雀百まで踊り忘れず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

頭禿げても浮気は止まぬ/頭禿げても浮気はやまぬ/三つ子の魂百まで/子供は大人の父親/産屋の癖は八十までなおらぬ/噛む馬はしまいまで噛む/病は治るが癖は治らぬ/産屋の風邪は一生つく/痩せは治るが人癖は治らぬ/漆剥げても生地は剥げぬ

【対義語】

【注意】
良い習慣については使わない。 誤用例 「雀百まで踊り忘れずというが、父は還暦を過ぎても柔道が強い」

「雀百まで踊り忘れず」の例文

【日本語】「雀百まで踊り忘れずというのは本当で、あの人はいまだに浮気癖が直らないのよ」
【英語】
What is learned in the cradle is carried to the tomb./What is learned in the cradle is carried to the grave.

タイトルとURLをコピーしました