ことわざ/高みの見物(たかみのけんぶつ)とは?

「高みの見物」意味と読み方

【表記】高みの見物
【読み】たかみのけんぶつ
【ローマ字】TAKAMINOKENNBUTSU

【意味】
物事の成り行きを、第三者として傍観すること。

説明

高い所から下の騒ぎを見物するように、第三者の立場から、事の成り行きを興味本位に傍観すること。

詳細

注釈、由来

【注釈】「高み」とは、周囲より高い場所のことで、「み」は接尾語。

【出典元】-
【語源・由来】高い場所から、下の方で騒いでいる人たちを第三者の視点で興味本位で眺めている様子から。

「高みの見物」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

高みで見物(たかみでけんぶつ)

【類義語】

川向こうの火事/向こう河岸の火事/川向かいの喧嘩/山門から喧嘩見る/対岸の火事

【対義語】

【注意】
「高見の見物」とするのは誤り。

「高みの見物」の例文

【日本語】「あのカップルはいつも大喧嘩をしているが、巻き込まれるのも馬鹿馬鹿しいから、ここは高みの見物といこう」
【英語】
To see it rain is better than to be in it./look on with folded arms./watch as an idle./stand by idly.

タイトルとURLをコピーしました