ことわざ/大道廃れて仁義あり(だいどうすたれてじんぎあり)とは?

「大道廃れて仁義あり」意味と読み方

【表記】大道廃れて仁義あり
【読み】だいどうすたれてじんぎあり
【ローマ字】DAIDOUSUTARETEJINNGIARI

【意味】
世の中の秩序が乱れても、思いやりや礼儀を忘れてはいけないという意味。

説明

世の中の秩序が乱れて、人が守るべき正しい道理が失われると、仁義という道徳心を唱える必要が生じるということ。昔は大道が人の生きる道としていたので、仁義をあえて言う必要はなかったが、後世、その大道の意味が廃れてしまい、仁や義などの根本の道徳が必要とされるようになったという。儒教の仁義説を非難した老子のことばから。『老子』には、この後に「智慧出でて大偽有り。六親和せずして孝子有り。国家昏乱して忠臣有り(人が知恵を持つようになってから、偽りの社会ができた。兄弟、子孫、妻と不和になってから、孝行する子供が現れた。国が乱れてから、忠臣が現れた)」とある。この言葉は老子の国家批判とも言われている。つまり「大道」とは「人として生きる道」と訳すことが多いが、ここでの「大道」は国家が作った法や秩序や、古いしきたりとも解釈できる。

詳細

注釈、由来

【注釈】「大道」とは、人が行うべき正しい道のこと。「仁義」は人の優しさと、人としての行いのこと。

【出典元】「老子」一八
【語源・由来】「大道(だいどう)」とは、人が行うべき正しい道という意味。昔は大道が行われていたから仁義など必要でなかった。しかし後世には、その大道が廃れてしまったから、仁や義などの根本の道徳が必要とされるようになった。という、儒教の仁義説を非難した老子の言葉が由来となっている。 「老子(ろうし)」には、この後に「智慧出でて大偽有り。六親和せずして孝子有り。国家昏乱して忠臣有り」 人が知恵を持つようになってから、偽りの社会ができた。兄弟、子孫、妻と不和になってから、孝行する子供が現れた。国が乱れてから、忠臣が現れた。とあるとされる。

「大道廃れて仁義あり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

?

【対義語】

【注意】

「大道廃れて仁義あり」の例文

【日本語】-
【英語】
Since people’s way was in disorder, humanity and justice have arisen.

タイトルとURLをコピーしました