ことわざ/断金の交わり(だんきんのまじわり)とは?

「断金の交わり」意味と読み方

【表記】断金の交わり
【読み】だんきんのまじわり
【ローマ字】DANNKINNNOMAJIWARI

【意味】
非常に親密な友情。

説明

二人が心を合わせたら、金をも切断するほど固く結ばれた友情の意味から。深い友情で結ばれた親しい交わりのこと。金を断ち切るほどに堅い交際という意味。後漢の孔崇と范式が、生涯にわたって固い友情を持ち続けたという故事に基づいている。堅い友情で結ばれた、とても親しい交わりのこと。

詳細

注釈、由来

【注釈】「断金」とは、金そのものを切断すること、もしくはお金よりも大切なものを指す。元は「断琴の交わり」から変化したものと思われる。

【出典元】「易経」
【語源・由来】『易経』に「二人心を同じくすれば、其の利きこと金を断つ(二人が心を一つにすれば、その鋭さは金をも断ち切るほど)」とある。

「断金の交わり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

断金の契り(だんきんのちぎり)

【類義語】

竹馬の友/断金伐木の契り/琴の緒絶ゆ/水と魚/金蘭の契り/水魚の交わり/断琴の交わり/管鮑の交わり/魚と水/膠漆の交わり/刎頸の交わり/金石の交わり/水魚の親/金蘭の交わり/心腹の友/断金の契り/刎頸の友/莫逆の友/断琴の契り

【対義語】

【注意】

「断金の交わり」の例文

【日本語】「彼らは幼少時代から、死ぬまでずっと断金の交わりを続けた」
【英語】
To become sworn friends./Inseparable friendship.

タイトルとURLをコピーしました