ことわざ/雲泥の差(うんでいのさ)とは?

「雲泥の差」意味と読み方

【表記】雲泥の差
【読み】うんでいのさ
【ローマ字】UNNDEINOSA

【意味】
天と地ほどの隔たりがあること。たいへんな差。

説明

「雲泥」は、天の雲と地の泥で天地のことで、同じ基準で見ても、大きな違いがあったり、大きくかけ離れていたりと、大きな差があるという意味。中国の詩人、白居易が書いた「傷友」に、「今日長安の道、対面雲泥を隔つ(以前は仲の良かった友人でも、今は長安の都ですれ違っても、身分に差ができたために友は振り向くこともなくなった。)」とある。

詳細

注釈、由来

【注釈】「雲」は天、「泥」は地を意味する。

【出典元】白居易・詩「傷友」
【語源・由来】白居易の詩『傷友』に、「今日長安の道、対面雲泥を隔つ」とある。

「雲泥の差」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

雲泥の違い(うんでいのちがい)

【類義語】

提灯に釣鐘/瓢箪/灯心/鍋蓋とすっぽん/雲泥の違い/雲泥万里/鯨と鰯/天地霄壌の差/霄壌の差/天地雲泥の差/霄壌/駿河の富士と一里塚/雪と墨/月とすっぽん/烏と鷺/灯心に釣鐘/瓢箪に釣鐘/天と地/箸に虹梁/月と鼈

【対義語】

五十歩百歩/大同小異

【注意】

「雲泥の差」の例文

【日本語】「同じ兄弟なのに、兄と弟の運動神経には雲泥の差がある」
【英語】
All the difference in the world./Wide difference./A world of difference.

タイトルとURLをコピーしました