ことわざ/兎の登り坂(うさぎののぼりざか)とは?

「兎の登り坂」意味と読み方

【表記】兎の登り坂
【読み】うさぎののぼりざか
【ローマ字】USAGINONOBORIZAKA

【意味】
物事がとんとん拍子に早く進むこと。

説明

ウサギは前足が短く、後ろ足が長いため、坂を速くかけのぼることに長けているという事から。自身の得意分野で実力を発揮している事。持ち前の力を振るうことが出来る事。また、条件に恵まれて物事が調子よく早く進む事。

詳細

注釈、由来

【注釈】ウサギは前足が短く、後ろ足が長いため、坂を速くかけのぼることが得意であることから。

【出典元】-
【語源・由来】ウサギは前足が短く、後ろ足が長いため、坂を速くかけのぼることに長けているという事から。

「兎の登り坂」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

兎の上り坂(うさぎののぼりざか)

【類義語】

渡りに船

【対義語】

兎の下り坂

【注意】

「兎の登り坂」の例文

【日本語】「好条件が重なって、彼にとっては兎の登り坂だ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました