ことわざ/有象無象(うぞうむぞう)とは?

スポンサーリンク

「有象無象」意味と読み方

【表記】有象無象
【読み】うぞうむぞう
【ローマ字】UZOUMUZOU

【意味】
形が有る無しに限らず、意味がなくくだらないもの。
スポンサーリンク

説明

この世のすべてのくだらないものという意味。本来は「有相無相(うそうむそう)」といい、単に「形が有るもの形が無いもの」となる。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「象」は「形」のこと。もとは仏教語で、この世にある有形無形すべてのものの意。

【出典元】-
【語源・由来】-

「有象無象」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

有相無相/森羅万象

【対義語】

【注意】
「有像無像」と書かれた例もあるが、現代では誤りとされる。「ゆうぞうむぞう」「ゆうしょうむしょう」と読むのは誤り。
スポンサーリンク

「有象無象」の例文

【日本語】「有象無象の言葉など気にしなくてもよい」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました