ことわざ/若気の至り(わかげのいたり)とは?

スポンサーリンク

「若気の至り」意味と読み方

【表記】若気の至り
【読み】わかげのいたり
【ローマ字】WAKAGENOITARI

【意味】
若さにまかせて、無分別な行いをしてしまうこと。
スポンサーリンク

説明

若い人は経験も浅く、人間としても未熟なので、無分別な行いをしてしまう意味。年配の人が若者の失敗をかばうときや、自分自身の過ちを若さのせいにするときに使われる。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「若気」は、若い頃の気持ちや感覚のこと。「至り」は、物事の成り行きや結果の意味。

【出典元】-
【語源・由来】若い人は経験も浅く、人間としても未熟であるから、無分別な行いをしてしまうことが多いため、年配の人が若者の失敗をかばうときや、自分の過ちを若さのせいにするときに使われる。

「若気の至り」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

若気の無分別/若気の過ち/若気の誤り

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「若気の至り」の例文

【日本語】「あれは若気の至りだったでは済まされない過ちもある」
【英語】
I was young./It was my young blood that drove me to do it./I did it in the rashness of youth./I was young and thoughtless when I did it.

タイトルとURLをコピーしました