ことわざ/割れ鍋に綴じ蓋(われなべにとじぶた)とは?

「割れ鍋に綴じ蓋」意味と読み方

【表記】割れ鍋に綴じ蓋
【読み】われなべにとじぶた
【ローマ字】WARENABENITOJIBUTA

【意味】
どんな人にも、似合いの相手がいるというたとえ。

説明

割れ鍋とは、欠けた土鍋のことを言う。底が抜けるような破損ではないので、違う蓋をしておけば、また鍋としてつかうことができる。元の蓋では欠けた部分が目立ち、鍋としては使えないものの、やりようによっては鍋として使えることから、夫婦関係に例えられる。結婚に縁のない人であっても、その人にあった良い伴侶と必ず出会えるという意味。

詳細

注釈、由来

【注釈】「綴じ蓋」とは、壊れた部分を修理した蓋のこと。 「割れ鍋」は「破れ鍋(破鍋)」とも書く。

【出典元】『毛吹草』
【語源・由来】『毛吹草』に「合わぬ蓋あれば合う蓋あり(あわぬふたあればあうふたあり)」とある。 『江戸いろはかるた』の一つ。

「割れ鍋に綴じ蓋」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

ねじれ釜にねじれ蓋/合わぬ蓋あれば合う蓋あり/破れ鍋に欠け蓋/似た者夫婦/合うた釜に似寄った蓋/牛は牛連れ、馬は馬連れ/曲がった釜に曲がった蓋/蓼食う虫も好き好き/曲がった釜には曲がった甑/似合い似合いの釜の蓋/似合う夫婦の鍋の蓋

【対義語】

【注意】
「綴じ蓋」を「閉じ蓋」と書くのは誤り。 謙遜して自分に用いるのは良いが、相手に対して使うと失礼にあたるので注意が必要。

「割れ鍋に綴じ蓋」の例文

【日本語】「他人から見れば頼りない男性かもしれませんが、割れ鍋に綴じ蓋というように、私には彼みたいな人が一番合うんですよ」
【英語】
Every Jack has his Jill./There is no pot so ugly that a cover cannnot be found for it.

タイトルとURLをコピーしました