ことわざ/焼け木杭に火がつく(やけぼっくいにひがつく)とは?

「焼け木杭に火がつく」意味と読み方

【表記】焼け木杭に火がつく
【読み】やけぼっくいにひがつく
【ローマ字】YAKEBOKKUINIHIGATSUKU

【意味】
燃えさしの杭は火がつきやすいことから、以前関係のあった者同士が、再び元の関係に戻ること。

説明

一度焼けて炭化した杭は火がつきやすいことから、以前に関係があって一度縁が切れた者同士は、また元の関係に戻りやすいものだということ。特に男女関係について使うことが多い。

詳細

注釈、由来

【注釈】「焼け木杭」とは燃えさしの切り株や焼けた杭のこと。「木杭」は「棒杭」とも書くが、「木杭」が一般的。

【出典元】-
【語源・由来】一度焼けて炭化した杭は火が付きやすいことから。

「焼け木杭に火がつく」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

焼け木杭には火がつきやすい(やけぼっくいにはひがつきやすい)

【類義語】

燃え杭には火が付き易い/燃え杭には火がつき易い

【対義語】

【注意】
「焼けぼっくりに火がつく」と言うのは誤り。

「焼け木杭に火がつく」の例文

【日本語】「同窓会で焼け木杭に火がついて、あのカップルは結婚することになったらしい」
【英語】
Wood half-burned is easily kindled./The old love blazed anew between them.

タイトルとURLをコピーしました