ことわざ/焼きが回る(やきがまわる)とは?

「焼きが回る」意味と読み方

【表記】焼きが回る
【読み】やきがまわる
【ローマ字】YAKIGAMAWARU

【意味】
年をとるなどして、頭の働きがにぶくなったり、腕前が落ちたりすること。

説明

刃物に焼き入れをするときに、火が回りすぎて焼きが強すぎると、かえって切れ味が悪くなる意味。年を取ったりして頭の働きや腕前が鈍ることのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「焼き」は熱した金属を急激に水で冷やして堅くする焼入れのこで、火が回りすぎて焼きが強すぎると切れ味が悪くなる意味。

【出典元】-
【語源・由来】刃物に焼き入れをするときに、火が回りすぎて焼きが強すぎると、かえって切れ味が悪くなることから。

「焼きが回る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

刃金が棟へ回る

【対義語】

【注意】

「焼きが回る」の例文

【日本語】「あんな簡単な問題が解けないなんて、自分もそろそろ焼きが回ってきたか」
【英語】
to become decrepit.

タイトルとURLをコピーしました