ことわざ/弱り目に祟り目(よわりめにたたりめ)とは?

「弱り目に祟り目」意味と読み方

【表記】弱り目に祟り目
【読み】よわりめにたたりめ
【ローマ字】YOWARIMENITATARIME

【意味】
弱っている時に、さらに困ったことが起こることから、不運が重なること。

説明

弱っているときに、祟りまで加わるの意味から。悪いことに悪いことが重なることのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「弱り目」の「目」とは、「落ち目」や「控え目」と同じように、状態を表す接尾語。つまり、「弱っている時」という意味になる。「弱々しい目」という意味ではない。

【出典元】-
【語源・由来】困っているときに、さらに神や仏の罰が当たることから。

「弱り目に祟り目」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

大荷に小付け/病み足に腫れ足/重き馬荷に上荷打つ/損して恥掻く/瘤の上の腫れ物/頼む木の下に雨漏る/鬼は弱り目に乗る/損して恥かく/こけた上を踏まれる/重荷に小付け/病む目につき目/落ち目に祟り目/転べば糞の上/不幸は単独では来ない/痩子に蓮根/泣き面に蜂/転んだ上を突き飛ばす/踏んだり蹴ったり/痛い上の針/降れば土砂降り/弱身につけこむ風の神/泣きっ面に蜂/痛む上に塩を塗る/傷口に塩を塗る

【対義語】

【注意】

「弱り目に祟り目」の例文

【日本語】「会社をクビになった日に財布を落とし、帰宅したら家が全焼していた。これが弱り目に祟り目ということか」
【英語】
Misfortunes seldom come singly./It is a good ill that comes alone./Misfortunes never come singly./One misfortune calls another.

タイトルとURLをコピーしました