ことわざ/羊頭を懸けて狗肉を売る(ようとうをかけてくにくをうる)とは?

「羊頭を懸けて狗肉を売る」意味と読み方

【表記】羊頭を懸けて狗肉を売る
【読み】ようとうをかけてくにくをうる
【ローマ字】YOUTOUWOKAKETEKUNIKUWOURU

【意味】
見かけと内容が違うこと。

説明

「狗」は犬のこと。羊の頭を看板にかけておいて、実際には犬の肉を売ってごまかすことから。外見が立派に見せかけて、実質が伴わないことのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「狗」は犬のこと。

【出典元】『無門関・六則』
【語源・由来】『無門関・六則』に「羊頭を懸けて狗肉を売る」とあるのに基づく。

「羊頭を懸けて狗肉を売る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

玉を衒いて石を売る/羊頭を掲げて狗肉を売る/牛頭を懸けて馬肉を売る/看板倒れ/牛首馬肉/牛首を懸けて馬肉を売る/看板に偽りあり/羊頭を掲げて馬脯を売る/羊質虎皮/羊頭を懸けて馬肉を売る/牛首を門に懸けて馬肉を売る/羊頭狗肉

【対義語】

看板に偽りなし/言行一致/看板かくれなし

【注意】
「狗肉」を「苦肉」と書くのは誤り。

「羊頭を懸けて狗肉を売る」の例文

【日本語】「あの店には行っても仕方ないよ。羊頭を懸けて狗肉を売るようなことばかりするからね」
【英語】
He cries wine and sells vinegar.

タイトルとURLをコピーしました