ことわざ/横槍を入れる(よこやりをいれる)とは?

「横槍を入れる」意味と読み方

【表記】横槍を入れる
【読み】よこやりをいれる
【ローマ字】YOKOYARIWOIRERU

【意味】
仕事や会話に第三者が横から口出しすること。

説明

人が話すことやすることに、第三者が横から口を挟んで妨害することのたとえ。戦場で、合戦している双方の横から別の一隊が槍で襲いかかってくることから。他人の話や仕事に、はたから文句をつけること。

詳細

注釈、由来

【注釈】戦場で、合戦している双方の横から別の一隊が槍で襲いかかってくること。

【出典元】-
【語源・由来】-

「横槍を入れる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

横槍が入る(よこやりがはいる)

【類義語】

横矢を入れる

【対義語】

【注意】

「横槍を入れる」の例文

【日本語】「本人同士が決めたことなのに、親戚が横槍を入れたせいで結婚話が延期になった」
【英語】
To thrust in one’s oar.

タイトルとURLをコピーしました