ことわざ/傾城(けいせい)とは?

「傾城」意味と読み方 【表記】傾城 【読み】けいせい 【ローマ字】KEISEI 【意味】 絶世の美女のこと。君主が夢中になって国を城を傾けるほどの美人の意から。「傾国」と「傾城」は同じ意味。 説明 古代中国より美しい女は国を滅ぼすほど...

ことわざ/傾国(けいこく)とは?

「傾国」意味と読み方 【表記】傾国 【読み】けいこく 【ローマ字】KEIKOKU 【意味】 絶世の美女のこと。君主が心を奪われて政治を怠り、国を危うくするほどの美人の意から。「傾国」と「傾城」は同じ意味。 説明 古代中国より美しい女は...

ことわざ/鶏口となるも牛後となるなかれ(けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ)とは?

「鶏口となるも牛後となるなかれ」意味と読み方 【表記】鶏口となるも牛後となるなかれ 【読み】けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ 【ローマ字】KEIKOUTONARUMOGYUUGOTONARUNAKARE 【意味】 たとえ小さな集団で...
スポンサーリンク

ことわざ/鶏口牛後(けいこうぎゅうご)とは?

「鶏口牛後」意味と読み方 【表記】鶏口牛後 【読み】けいこうぎゅうご 【ローマ字】KEIKOUGYUUGO 【意味】 小さな組織で長を務める者でも、大きな組織では使われる身になるという意味。 説明 能力的に優れた人物が進学や就職に迷っ...

ことわざ/口も八丁手も八丁(くちもはっちょうてもはっちょう)とは?

「口も八丁手も八丁」意味と読み方 【表記】口も八丁手も八丁 【読み】くちもはっちょうてもはっちょう 【ローマ字】KUCHIMOHACCHOUTEMOHACCHOU 【意味】 言葉や行動がとても上手という意味。(悪い意味として使われる。)...

ことわざ/口は災いの元(くちはわざわいのもと)とは?

「口は災いの元」意味と読み方 【表記】口は災いの元 【読み】くちはわざわいのもと 【ローマ字】KUCHIHAWAZAWAINOMOTO 【意味】 不用意な発言は注意せよという意味。 説明 不用意な発言は身を滅ぼす要因となることもあり、...

ことわざ/蛇の口裂け(くちなわのくちさけ)とは?

「蛇の口裂け」意味と読み方 【表記】蛇の口裂け 【読み】くちなわのくちさけ 【ローマ字】KUCHINAWANOKUCHISAKE 【意味】 欲深さによって身を亡ぼすこと。 説明 欲が深すぎるあまり、身を滅ぼす事。ヘビは欲深く、自分の口...

ことわざ/口自慢の仕事下手(くちじまんのしごとべた)とは?

「口自慢の仕事下手」意味と読み方 【表記】口自慢の仕事下手 【読み】くちじまんのしごとべた 【ローマ字】KUCHIJIMANNNOSHIGOTOBETA 【意味】 口は達者だが、仕事はさっぱりできないこと。 説明 口だけは達者だが、仕...

ことわざ/癖ある馬に乗りあり(くせあるうまにのりあり)とは?

「癖ある馬に乗りあり」意味と読み方 【表記】癖ある馬に乗りあり 【読み】くせあるうまにのりあり 【ローマ字】KUSEARUUMANINORIARI 【意味】 少しの難はあっても、使い方次第でどうにかなるということ。 説明 一癖ある者で...

ことわざ/草木も眠る丑三つ時(くさきもねむるうしみつどき)とは?

「草木も眠る丑三つ時」意味と読み方 【表記】草木も眠る丑三つ時 【読み】くさきもねむるうしみつどき 【ローマ字】KUSAKIMONEMURUUSHIMITSUDOKI 【意味】 夜が更けて、すっかり静かになった真夜中のこと。 説明 草...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました