ことわざ/油を売る(あぶらをうる)とは?

「油を売る」意味と読み方

【表記】油を売る
【読み】あぶらをうる
【ローマ字】ABURAWOURU

【意味】
仕事の途中に時間をつぶして怠けること。また、むだ話をして仕事を怠けること。

説明

江戸時代の髪油売りが、客相手に世間話をしながら商売をすることが多かったことから。また、客の器に油を移すのに時間がかかったことからともいわれている。無駄話などをして仕事を怠けることのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】江戸時代、髪油の行商人が女性客を相手に世間話をしながら商いをしていたことから。また、客の器に油を移すのに時間がかかったことからともいわれている。

【出典元】-
【語源・由来】-

「油を売る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
一時的なことをいうのであって、長期間に渡るそれには使わない。誤用例 「結局あの人は学校を卒業してから十年もずっと油を売って過ごしている」

「油を売る」の例文

【日本語】「また油を売っている。少しは真面目に仕事に集中したらどうか」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました