ことわざ/秋茄子は嫁に食わすな(あきなすはよめにくわすな)とは?

スポンサーリンク

「秋茄子は嫁に食わすな」意味と読み方

【表記】秋茄子は嫁に食わすな
【読み】あきなすはよめにくわすな
【ローマ字】AKINASUHAYOMENIKUWASUNA

【意味】
おいしい秋のなすは、もったいないから嫁には食べさせるなという姑の嫁いびりの言葉。
スポンサーリンク

説明

姑が嫁をいびる、あるいは大切にする、二つの意味がある言葉。「秋茄子」は「秋なすび」とも。姑の嫁いびりをいったことばとする説と、秋茄子は体が冷える。また、秋茄子は種子が少ないので、子供に恵まれなくなるからという説がある。姑が嫁をいびる意味と、大切にする意味と、反対の意味を持っているので、誤解を生まないように注意が必要。秋茄子はおいしいから嫁に食べさせたくない、という姑の意地悪。または、秋茄子は身体を冷やす、あるいは種が少ないので子どもが出来なくなると悪いので嫁に食べさせていけないと嫁を思いやることば。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「秋茄子」は、秋の味覚である反面、体を冷やしたり、灰汁が強いことから、食べ過ぎは下痢になりやすく、冷え性になりやすいことから避けた方がよいとされていた。また、種子が少ないことから、子宝に恵まれないと思われていた。

【出典元】-
【語源・由来】姑が嫁をいびる意味と、大切にする意味と、反対の意味を持っているので、誤解を生まないように注意が必要。

「秋茄子は嫁に食わすな」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

鯒の頭は嫁に食わせよ/秋鯖嫁に食わすな/五月蕨は嫁に食わすな/夏蛸嫁に食わすな/秋鯖は嫁に食わすな/秋梭魚は嫁に食わすな/秋かますは嫁に食わすな/秋蕗嫁に食わすな

【対義語】

秋茄子嫁に食わせよ/鯒の頭は嫁に食わせよ

【注意】
スポンサーリンク

「秋茄子は嫁に食わすな」の例文

【日本語】「秋茄子は嫁に食わすなと言うから、収穫した茄子は嫁に隠しておこう」
【英語】
Don’t feed autumn eggplant to your wife(because they’re too delicios,because they’ll give her the chills,or because their lack of seeds will reduce fertility).

タイトルとURLをコピーしました