ことわざ/雨降って地固まる(あめふってじかたまる)とは?

「雨降って地固まる」意味と読み方

【表記】雨降って地固まる
【読み】あめふってじかたまる
【ローマ字】AMEFUTTEJIKATAMARU

【意味】
揉め事など悪いことが起こったあとは、かえって前よりもよい状態になること。

説明

人は雨を嫌がるものだが、雨が降ったあとは、かえって地面が固くなり良い状態になることから転じたことわざ。争いや、揉め事などが起こった後は、以前よりもかえって理解が深まり、良い状態を保てるということをいう。

詳細

注釈、由来

【注釈】雨が降ると、地面が固く締まり、よい状態になるという意味。

【出典元】『毛吹草』
【語源・由来】雨が降った日の地面は、雨の水分により緩い状態になるが、そんな地面も晴れた日になれば、土に染み込んでいた水分が太陽の日差しにより蒸発することで、雨が降る前の土の硬さよりも、ずっと固くなることから転じてきている。

「雨降って地固まる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

喧嘩の後の兄弟名乗り/雨の後は上天気/怪我の功名/嵐の後の凪/災いを転じて福となす/明けない夜はない/破れりゃ固まる/諍い果てての契り/塞翁が馬/雨のあとは上天気

【対義語】

大山鳴動して鼠一匹/蟻の穴から堤も崩れる/覆水盆に返らず

【注意】
第三者の介入があって、事が落ち着くという意味で使うのは誤り。誤用例 「雨降って地固まるで、共通の友人が仲介してくれたおかげで裁判も示談で終わった」

「雨降って地固まる」の例文

【日本語】「雨降って地固まるで、大喧嘩をして離婚すると言っていた夫婦が、今は以前より何でも言い合える仲になったそうだ」
【英語】
After a storm comes a calm./After rain comes fair weather./A broken bone is the stronger when it is well set./The falling-out of lovers is a renewing of love.

タイトルとURLをコピーしました