ことわざ/青菜に塩(あおなにしお)とは?

スポンサーリンク

「青菜に塩」意味と読み方

【表記】青菜に塩
【読み】あおなにしお
【ローマ字】AONANISHIO

【意味】
今まで元気だった人が、急に元気をなくしてしょんぼりしてしまうさま。
スポンサーリンク

説明

青菜は葉や茎に水分を含んでいるときはぴんとして元気だが、塩を振りかけると水分がなくなってしおれることから、人が打ちひしがれて、うなだれている状態をいう。元気をなくしてうなだれている様子のたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】青菜は葉や茎に水分を含んでいるときはぴんとして元気だが、塩を振りかけると水分がなくなってしおれることから、人が打ちひしがれて、うなだれている状態をいう。

【出典元】-
【語源・由来】-

「青菜に塩」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

青菜に塩をかけたよう/青菜を湯につけたよう/蛞蝓に塩/菜の花に塩をかけたよう/蛭に塩/青菜に煮え湯

【対義語】

【注意】
不調なのが身体的なことだけの場合に使うのは誤り。誤用例 「病気をしてからの彼女は、体力もなくなって青菜に塩のようだ」
スポンサーリンク

「青菜に塩」の例文

【日本語】「あんなに頑張っていたのに試験に落ちて、今の弟は青菜に塩だ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました