ことわざ/雨夜の月(あまよのつき)とは?

「雨夜の月」意味と読み方

【表記】雨夜の月
【読み】あまよのつき
【ローマ字】AMAYONOTSUKI

【意味】
雨の降る夜の月。あっても、目には見えないもののたとえ。

説明

雨が降っている夜にも月はあるが、目には見えないことから。想像するだけで、現実には見ることのできないもののたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】雨が降っている夜にも月はあるが、目には見えないことから。

【出典元】-
【語源・由来】空には月があることが分かっているが、雨の降る夜の空は、雲で覆われて月が見えないことから転じてきている。

「雨夜の月」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

雨の夜にも星/雨夜の星/蚊帳の目に風たまる/網の目に風とまる

【対義語】

【注意】

「雨夜の月」の例文

【日本語】「宝くじが当たることばかり考えているが、雨夜の月というものだ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました