ことわざ/海老で鯛を釣る(えびでたいをつる)とは?

スポンサーリンク

「海老で鯛を釣る」意味と読み方

【表記】海老で鯛を釣る
【読み】えびでたいをつる
【ローマ字】EBIDETAIWOTSURU

【意味】
わずかな元手や労力で、大きな利益を得ること。
スポンサーリンク

説明

珍重される鯛を、小海老を餌にして釣り上げることから、わずかな元手で大きな収益・収穫を得ることをいう。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「海老」は「蝦」とも書く。 「蝦」は、泳ぐタイプ(遊歩類)の車エビやボタンエビのことをいう。

【出典元】-
【語源・由来】安価で小さな海老を餌に釣りをして、より高価な鯛を釣り上げる事ができるという事が由来。

「海老で鯛を釣る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

海老鯛(えびたい)

【類義語】

雑魚で鯛釣る/鼻糞で鯛を釣る/海老で鯛/雑魚/蝦蛄で鯛を釣る/蝦蛄で鯛釣る/麦飯で鯉を釣る/瓜を投じて玉を得る/雑魚で鯛を釣る/蝦蛄/麦飯で鯛を釣る

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「海老で鯛を釣る」の例文

【日本語】「一名に新車が当たるプレゼンとを企画したら、商品の売り上げが八倍になった。蝦で鯛を釣るような気持ちだ」
【英語】
Venture a small fish to catch a great one./Throw a sprat to catch a whale./Sprat to catch a mackerel./Venture a small fish and catch a great one./A small gift brings often a great reward.

タイトルとURLをコピーしました